今を生きる

スペインはバレンシアからきままに 日記を書いていきます。 今を常に念頭におき、 見性を体験することを大目標にします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少林窟道場参禅記(初発心)2

少林窟道場で私を迎えてくれたのは、凛とした黒髪の女性でした。

自分が想像していたものとは全く違うものでした。



殺伐なイメージを持って、どんな厳しい修行にも一週間くらいなら耐えら

れるであろうと構えてきただけに、とても新鮮な瞬間でした。

(実際、家族にこそは、禅修行のことは伝えておりましたが、
1週間は連絡が取れないからと、連絡先を教えておりませんでしたし、
携帯も持っておりませんでした。)



黒い作務衣とその黒髪が、少林窟のウエブサイトのテンプレートと

重なりました。



”禅寺と黒髪の女性”



少林窟なる道場の名前も大変ユニークで想像力を掻き立てられる

ネーミングですが、井上老師ともあろう祖師方にお仕えするお方も

やはりそれ相当なお方なのでしょう。


”ディズニーのムーラン”

女性でありながら男装して兵に志願していく勇気ある中国女性が、

とっさに頭に浮かびました。



一礼をして名前を告げました。



ブーツを脱いで、指示通りに左の靴棚の一番高い所に、

置かせていただきました。

防寒対策で膨らんだ私のバック、分厚いコート、

全てがかさばるものばかりで、玄関から上がらせていただくのに

ちょっと手間取ってしまいました。




とってもシンプルかつ明確なその女性の動きに、

禅の世界の扉が音をたてて開いていくのを感じました。



用心にと重装備をしてきたぎこちない自分が、とても対照的でした。

しかし、ドキドキする間もなく、繰り広げられる意外な様子を、

私は結構楽しんでいたようです。



奥のお部屋に通されました。

そこは、老師と参禅者の相見の部屋です。

いよいよ、井上希道老師とのご対面です。





「遠方はるばる来てくださいました」

老師からねぎらいのお言葉をいただきました。

法話で慣れ親しんだ生のお声を聞けてとても嬉しかったのですが、

もしかしたらこれは夢かもしれないと錯覚するほどでした。


老師がお茶を入れてくださいました。

老師の手の動き、お湯の音、お湯のみを差し出してくださる動き、

その動きと動きの間、老師の息づかい、全てが私には新鮮でした。




次に、老師は、参禅の動機を確認されました。



スペインで参禅のお願いをした際に、初発心の大切さを

再三確認されました。

少林窟道場のホームページの上山、”この門を叩く前に”に

記されています。


安達さん、akiさんからも何度も菩提心の重要性を

確認されておりましたので、何も迷うことはありませんでした。



次のようにはっきりと老師にお答えしました。



”この年にして立つではありませんが、菩提心を持って残りの

人生を過ごしていきたい覚悟でございます。

20代までは三無主義で過ごし、失恋、病気、受験失敗、就職難などを

通して宗教合宿に参加いたしました。

そこで感謝に包まれる体験をさせていただきました。

その後は、夢、目標に向かい、果敢にチャレンジして、

世界中を闊歩してまいりました。

自分の一番願っていた結婚、出産を迎え、退職し、

子育てに専念してまいりました。

子供たちのために、主人が仕事を変えて、

現在はスペインに住んでおります。

大きな期待をされていた娘の不調から外にばかり目があったのが、

内に向き始めました。


自我に翻弄されてきた人生でした。


心身一如、無常、禅の世界を1年前から知りました。

老師のご本を何度も読ませていただき、法話を聞かせていただき、

坐禅をやっていく中で、真剣にこの道を極めたいと決心いたしました。

縁のままにまかせて毎日を過ごしていけることに感謝できる

自分を目指して、坐禅、禅修行を残る人生でやっていければ

それだけで幸いです。

今までは、自分の夢を持ち、夢の実現だけが

自分の人生を占めておりました。

今は全てを縁にお任せして、起きてくることを感謝して受け止めて

いけるよう、全てを諦めて臨ませていただきたいです。


ずばり、見性を目指します。”




老師の眼差しは、厳しさを超え、仏のように大きく優しく

全てを包んでくれているかのようでした。

老師と自分のこの神聖なる空間の広がりにただ感動しておりました。

そして感謝で一杯の素直な私がそこにはおりました。

目にはこぼれんばかりの一杯の涙が潤んでいました。






私は、静かにそしてゆっくりと、お茶を頂きました。

この時のお茶の味は、格別のもでした。




老師を前にして決意を表明できたことを、とても嬉しく思いました。

そして、老師も私のゆるぎない初発心をしっかりと

確認してくださったようです。

                       …続く

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

valenciana

Author:valenciana
スペインはバレンシアに
住んでいます。

インターネットのお陰で
禅の世界に導かれました。

「縁と無常」

あるがまま
ただ生かされていることに感謝する毎日です!


”幼少の頃は夢中で遊んでいました”
いつしかそれがかすんできました。

またあの頃の
感覚を思い出すことが多くなりました。

あなたもそんな無邪気な本当のあなたを
思い出してみませんか?


今なら無料でお試しができます!

”魔法の電子ブック”があなたを本来の姿に戻してくれますよ!




ついに公開開始!無料電子ブック第2弾「私の秘密」

申込みはこちら



最新記事

カテゴリ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。