今を生きる

スペインはバレンシアからきままに 日記を書いていきます。 今を常に念頭におき、 見性を体験することを大目標にします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



エジプトとヨルダンのホテルに滞在中、夜の7時くらいから11時くらいまで

ほとんど毎日といっていいほど何組かの結婚式が行われていた。

ホテルのロビーに新婦と新郎が登場すると、楽団が二人の周りを囲んで

ドンちゃんバンドをする。そして、友人たちがその二人の周囲でダンスしたり

二人の門出をそれは賑やかに演出。ちょっとうるさいくらい。

会場までの短い間をそれは、たくさんの家族、友達たちが二人を囲み

バンドと一緒にダンスしながら移動する。

新郎と新婦の衣装は、タキシードに白のウエディングドレス。

新婦のご両親は娘の晴れの姿に涙を浮かべて喜んでいる。

そして子どもたちもこのときとばかりおしゃれして結婚式を盛り上げる。



エジプト人の男の人に聞いたところ、

アラブの男性は4人の女性と結婚できるとのこと。一夫多妻。

男性は結婚して初めて一人前と見られる。日本では今でもそうなのかな?

しかし、

女性は処女であるべき。日本でも私の親の世代では、こういう価値観があったかな~

しかし、アラブ社会も欧米社会とあまり変わりなくなってきているように感じる。


ヨルダンの新聞で読んだ。集団結婚式の模様だ。

結婚するにもお金がかなりかかる。中々ホテルでは結婚式の費用が高すぎる。

だから費用を安く抑えるために、何十組のカップルの合同結婚式を

行い、費用をきりつめるのだそうだ。


アラブ社会の低賃金、失業率の問題が浮き彫りにされる。

私がほんのちょっと見た限りでは、彼らは、仕事をいくつもかけもちしているようだ。

そして、繁忙期は寝る時間以外ずっと働いている。




アラブ社会の男性は一夫多妻でラッキーなんていってられない。

そんなことができる男性は、ほんの一握りであろう。


結婚に対する価値観も、一夫多妻を除けば、あまり変わりない。


アラブ社会は特異なものだという偏見も,

だんだんなくなってくるのは時間の問題だろう。


新郎、新婦の晴れの姿、それを見守る新婦のご両親、そして家族たち、

友人たち、子どもたちを見ていて、「国境なんてないな」とつくつく感じた。


あなたも心の観念おとしやってみませんか?


「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース





 
ezカウンター
海外留学オンラインショップオンラインストレージ国内線カタログギフト自由が丘 心療内科ショッピングコスメ物販.comメイクアップ綺麗.comダイエット日記.org



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村


バレンシア一お勧めの学校
盛りだくさんな課外活動を通して、楽しみがなら自然にスペイン語が身につきます!!
TARONJA SCHOOL
http://www.taronjaschool.com
TEL 34 963 258 545 convento Santa Clara n10.1 46002 Valencia





Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

valenciana

Author:valenciana
スペインはバレンシアに
住んでいます。

インターネットのお陰で
禅の世界に導かれました。

「縁と無常」

あるがまま
ただ生かされていることに感謝する毎日です!


”幼少の頃は夢中で遊んでいました”
いつしかそれがかすんできました。

またあの頃の
感覚を思い出すことが多くなりました。

あなたもそんな無邪気な本当のあなたを
思い出してみませんか?


今なら無料でお試しができます!

”魔法の電子ブック”があなたを本来の姿に戻してくれますよ!




ついに公開開始!無料電子ブック第2弾「私の秘密」

申込みはこちら



最新記事

カテゴリ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。